赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック

医師監修コラム

インビザライン矯正にデメリットはあるの?症例を踏まえながら歯科医が解説

インビザライン矯正は、透明なマウスピースを使用して行う歯列矯正で、矯正が目立たず気軽にできるとして人気の治療法です。

ただし、便利でありながらもインビザライン矯正にはいくつかのデメリットも存在し、これが不安となる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、インビザライン矯正のデメリットについて詳しく解説します。

さらに、赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正の特徴についても解説しますので、インビザライン矯正をご検討中の方はぜひ参考にしてください。

インビザライン矯正のデメリットとは

インビザライン矯正は透明のマウスピースを使用するため、外から目立つことが少なく、人に知られずに気軽に矯正ができるなど、メリットの大きい治療法ですが、デメリットも存在します。

以下にて、インビザライン矯正のデメリットについて詳しく解説します。

インビザラインで対応できない症例もある

インビザラインでの歯列矯正が適応できない症例も存在し、一部のクリニックでは治療を断られることがあります。

その中で代表的な例として挙げられるのが、重度の「叢生(そうせい)」と呼ばれる状態です。叢生は、歯が重なっていたり凸凹していたりして、歯並びが均一でない状態を指します。

このような複雑な歯の配置では、歯を大きく動かす必要が生じるため、インビザラインのマウスピースだけでは対応しきれない場合があります。

さらに、歯並びの問題だけでなく受け口や出っ歯などが原因である場合も、単独の歯列矯正だけではなく、骨格の前後的な調整が必要になります。

このような症例においても、インビザライン矯正だけでは対応が難しくなります。

ただし、クリニックによってはこれらの難易度の高い症例にも対応可能な場合があります。

そのため、インビザライン矯正を検討する際には、事前にクリニックの専門性や治療実績を確認することが重要です。

仕上がりが歯科医師の腕に左右される

インビザライン矯正では、治療を受けるドクターの腕によって、思ったような効果が得られないことがあります。

インビザライン矯正は、どのクリニックで受けても同じではなく、治療の成果には担当医の技量が極めて影響を与えます。

歯並びの状態は患者様ごとに異なるため、患者一人ひとりに適した治療方針や計画が必要です。

そのため、矯正の知識の乏しい医師が携わると、適切なアドバイスや調整が行き届かず、治療効果が期待できないことがあります。

マウスピースの管理が必要

インビザライン矯正においては、患者様自身でマウスピースを管理し、正しい装着方法を確実に守ることが不可欠です。

そのため、自己管理がしにくい人にとっては、これがデメリットになる場合があります。

具体的には、マウスピースを正しく装着し、1日に20時間以上付けておく必要があります。

また、定められた日数で次のマウスピースに交換することも必要です。

マウスピースの正確な装着や交換がなされないと、治療に問題が生じる可能性があり、その結果、治療期間の延長や効果が十分に得られないおそれもあります。

赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正が選ばれる理由

インビザライン矯正には、デメリットも存在しますが、優れたクリニックを選ぶことでデメリットを軽減することも可能です。

以下では、赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正について詳しく解説します。

歯科矯正治療のエキスパートによる治療が受けられる

赤坂さくら歯科クリニックは、歯列矯正と審美歯科の分野において、経験豊富なエキスパートが在籍しています。

当院では、治療の初めに患者様に対して丁寧なカウンセリングを実施し、患者様のご希望や期待について細かくお聞きします。

さらに、治療の前には専門的な事前診察を行い、患者様の歯並びや骨格などの状態を細かく把握します。

このような徹底的なカウンセリングと事前診察により、治療を安全で効果的に進めることができ、患者様は安心して治療を受けていただけます。

様々な症例に対応できる

赤坂さくら歯科クリニックでは、幅広い症例に対応したインビザライン矯正を提供しています。

他の歯科クリニックで治療を断られても、当院では患者様それぞれの状態に合わせた対応が可能な場合があります

そのため、ご自身の歯の状態や治療希望に不安や疑問を抱えている方は、どうぞお気軽にご相談ください。

光加速装置オルソパルスの使用が可能

当院のインビザライン矯正では、オルソパルスという光加速装置が使用できます。

このオルソパルスで歯に光を当てることによって、矯正中の歯の動きを加速させます。

これにより、矯正によって歯が動く際の痛みを軽減し、治療期間を短縮させる効果が期待できます。

オルソパルスにご興味のある方はお気軽に当院までお問い合わせください。

赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正の症例写真

赤坂さくら歯科クリニックでのインビザライン矯正の症例写真をご紹介します。

<症例1>

施術前は、歯が全体的に凸凹し、歯が重なっている部分や、下の歯が上の歯の前に出ている部分が目立っている状態でした。

治療を開始してからの2年間の期間を経て、特に下の歯が前に出ていた箇所に顕著な変化が見られ、全体的な歯並びも綺麗に整っています。

<症例2>

下の歯並びにがたつきが見られる状態でした。また、歯が重なっている部分も確認できます。

当院のインビザライン矯正により、下の歯が綺麗に整列しました。また、上の歯のがたつきも改善され、全体的に美しい歯並びになっています。

<症例3>

八重歯や歯が重なっている部分が目立ち、全体的に歯並びが凸凹している印象でした。下の歯が前に出ている部分もあり、噛み合わせにも影響が出ています。

当院のインビザライン矯正により、歯の凸凹が改善され、綺麗な歯並びが実現されました。大きく目立っていた八重歯も綺麗に整列しています。

インビザライン矯正のデメリットを軽減したいなら赤坂さくら歯科クリニックへ

インビザライン矯正はデメリットも存在しますが、このデメリットの大部分は信頼できるクリニックを選ぶことで回避できます

赤坂さくら歯科クリニックでは、経験豊富なドクターが在籍し、最新の設備を使用して高度な治療を提供しています。

これにより、患者様は先進的で確かな技術に基づく治療を受けられ、安心感を持って治療に臨むことができます。

当院では患者様一人ひとりのニーズやお悩みを丁寧にお聞きし、個別に合わせた治療プランを提案しています。

インビザライン矯正のデメリットに対する不安を感じている方は、ぜひ赤坂さくら歯科クリニックへご相談ください。

当院は、患者様とのコミュニケーションを大切にし、最適な治療を提供することで、患者様の歯の健康と美しさをサポートしております。

より詳しくは、赤坂さくら歯科クリニックにてご相談・ご来院をお待ちしております。

監修医師:土黒 さくら
略 歴
2014年 鹿児島大学歯学部 卒業
2014年 東京医科歯科大学 臨床研修歯科医
2015年 大型医療法人グループ歯科医院 勤務
2016年 大型医療法人グループ歯科医院 分院長就任
2018年 港区赤坂の歯科医院 勤務
2020年 赤坂さくら歯科クリニック 開院
2023年 医療法人社団桜麗会設立 理事長就任
所属学会等
・日本口腔インプラント学会
・日本歯周病学会
・東京SJCD歯科スタディーグループ
・インビザライン 認定ドクター
・日本顕微鏡歯科学会

赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック
日付:
カテゴリ:インビザライン, 医師監修コラム