赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック

医師監修コラム

歯を残す治療 | 歯や神経を抜くしかないと言われた人にも適用できる方法とは

歯を残すための治療には、虫歯治療(MI治療)・歯周組織再生治療・根管治療・歯髄再生治療の4種類があります。

歯髄(歯の神経)を抜く必要があると言われた方には、歯髄再生治療がおすすめです。

歯髄(歯の神経)を抜かなければならなくなった歯に、歯髄の幹細胞を移植し、歯髄を再生させることで、自身の歯が長持ちします。

その治療の際、神経が死んだことで変色した歯を白くする処置も行えます。

また、治療の際に採取する歯髄幹細胞は長期保存が可能なため、全身疾患への治療に応用できる可能性もあります。

本記事では、歯を残すための治療方法の効果とメリットをまとめました。

歯を残す治療を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京で歯を残す治療を希望する方には、歯髄再生・根管治療のプロフェッショナルが在籍する赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

他院で「歯を抜くしかない」と言われた場合でも、丁寧なカウンセリングと的確な診査・診断のうえで、歯を残せる治療方法を提案させていただきます。

歯を抜かずに口腔内の問題を解決したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

歯を残すための治療4つ

歯を残すための治療は、次の4つです。

歯を残すための治療 こんな人におすすめ
虫歯治療(MI治療) ・削る範囲を最小限にして虫歯治療を行いたい
・虫歯を早期発見して治療したい
歯周組織再生治療 ・歯周病を治したい
・下がった歯茎を回復させたい
根管治療 ・重症化した虫歯を治したい
・歯を残せる虫歯治療を希望している
歯髄再生治療 ・自身の歯を長持ちさせたい
・虫歯が再発しにくい治療方法がよい

虫歯が重症化して神経にまで到達すると、根管治療で歯髄(歯の神経)を抜かなければいけません。

しかし、歯髄を抜くことには次のようなデメリットがあります。

  • 痛みを知覚できないため、虫歯や歯周病に気づきにくい
  • 歯髄による抵抗力が失われるため、虫歯になりやすい・進行しやすい
  • 歯に栄養が行き届かなくなり、黄色や茶色に変色する
  • 歯の根に膿が溜まることがある
  • 歯がもろくなり、割れる可能性がある

上記のデメリットが気になるときは、自身の歯を元気で美しい状態で保てる歯髄再生治療を検討してみましょう。

歯を残すための治療について、詳しく解説します。

虫歯治療(MI治療)とは?メリット・効果

虫歯治療(MI治療)とは、健康な歯の部分を極力削らない治療方法です。

削る範囲を最小限にするために、拡大鏡やマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して治療を行います。

初期虫歯の早期発見が可能なうえに、詰め物を隙間なく詰める点も、拡大鏡やマイクロスコープを使用するメリットです。

歯表面のエナメル質が溶け始めた状態の初期虫歯では、虫歯ができている範囲のみ取り除き、詰め物として合成樹脂(レジン)を設置します。

象牙質にまで達した状態の虫歯に対しても、同様の方法で治療を行うケースが一般的です。

ただし、虫歯の範囲が大きい場合は削ってから歯型を採取し、金属やセラミックの詰め物を設置します。

削る範囲を最小限にして虫歯を治療したい方や、虫歯を早期発見して治療したい方には、MI治療がおすすめです。

歯周組織再生治療とは?メリット・効果

歯周組織再生治療とは、歯茎を移植したり骨を増やしたりして、歯周病により下がった歯を支える骨や歯茎を回復させる治療方法です。

治療を行う際は麻酔をして歯茎をめくり、不良肉芽や歯石を除去したあとにエムドゲインという薬剤を注入し、歯茎を縫合します。

エムドゲインの主成分は歯周組織を形成するタンパク質で、患部に塗布することで歯周組織の再生が促されるものです。

歯周病(歯槽膿漏)は、歯茎や骨(歯槽骨)の炎症により引き起こされます。

歯茎や骨が炎症を起こす原因は、口の中に存在する細菌の塊(プラーク)です。

歯周病の症状が進行すると、歯を支える骨が溶けて歯がぐらぐらするようになり、最終的には歯が自然に抜け落ちてしまいます。

初期症状がなく進行する病気のため、極力早く発見して治療を行いましょう。

根管治療とは?メリット・効果

根管治療とは、歯の神経や血管など(歯髄)の炎症・感染に対して行う治療方法です。

虫歯が重症化して神経にまで到達した場合は、根管治療が必要になります。

重症化した虫歯が自然に治ることはないため、根管治療で細菌を除去したうえで、新たに細菌が入らないよう薬を詰めなければいけません。

治療を行う際は歯髄組織を除去し、根管内の消毒とシーリング材の充填を行ったうえで被せ物をします。

根管治療のよい点は、たとえ神経が死んだ歯であっても、治療を行うことで自身の歯を長く使用できる可能性がある点です。

ただし、歯の根に重度の膿が溜まっていたり歯の根が割れている場合は、根管治療で治せないケースがあります。

虫歯が重症化しているものの歯を残したい方は、極力早く根管治療を受けましょう。

根管治療を実際に行っている様子が気になる方は、次の動画をご覧ください。

歯髄再生治療とは?メリット・効果

歯髄再生治療とは、親知らずや乳歯などから歯髄幹細胞を移植し、歯髄(歯の神経)を再生させる治療方法です。

歯髄を抜くと、虫歯になりやすい・歯の見た目が悪くなるなどのデメリットがあるため、歯髄は極力残すべきだと言えます。

歯髄再生治療を行うメリットは、次のとおりです。

  • 再生させた神経が歯に栄養を届けるため、自身の歯が長持ちする
  • 神経が死んだことで茶色く変色した歯を白くできる
  • 虫歯が再発しにくい
  • 採取した歯髄幹細胞を全身疾患への治療に応用できる可能性がある

歯を元気で美しい状態で保ちたい方には、歯髄再生治療をおすすめします。

ただし、歯の根や細胞の状況によっては治療が困難な場合もある点に、注意が必要です。

歯髄再生治療について詳しく知りたい方は、次の動画もご覧ください。

東京で歯を残す治療を受けたいなら赤坂さくら歯科クリニックへ

東京で歯を残す治療を検討している方には、赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

当院には、次のような特徴があります。

  • 歯を残す治療のプロが在籍
  • 完全予約制で丁寧な治療
  • デンタルローンが利用可能
  • 朝7:30から診療

赤坂さくら歯科クリニックは、第2種再生医療等提供医療機関認可を受けており、歯髄再生治療に対応可能なクリニックです。

怪我や事故で歯をぶつけて神経が死んでしまい「歯を抜くしかない」と言われた方でも、歯髄再生治療を行えば自身の歯を残せる可能性があります

当院はカウンセリングにも時間をかけているため、歯を残す治療に関する要望や悩みを納得いくまでご相談ください。

赤坂さくら歯科クリニックの特徴について、詳しく解説します。

歯を残す治療のプロが在籍

赤坂さくら歯科クリニックには、歯を残す治療のプロが在籍しています。

歯髄再生・根管治療担当医の田中宏幸医師は、歯髄再生治療の講演やメディア掲載実績も豊富で、知識や技術力は申し分ありません

また、院長の土黒さくら医師は、生涯にわたり口の健康と美を維持できる治療を心がけており、安心して歯を残す治療の相談ができます

初診時のカウンセリングや治療相談は院長が行うため、歯のことで少しでも気になる点があればぜひ気軽にご相談ください。

丁寧なカウンセリングと先進機器による的確な診査・診断により、一人ひとりに最適な治療プランを提案させていただきます。

完全予約制で丁寧な治療を行う

完全予約制で丁寧な治療を行う点も、赤坂さくら歯科クリニックの特徴です。

カウンセリングや治療の時間を十分に確保しているため、不安や疑問が残ったまま治療を受けることはありません。

不安や疑問をすべて解消し、納得していただけたら治療を開始します。

初診時のカウンセリング時間は1時間〜1時間半ほどが目安のため、要望や不安を納得いくまでご相談ください。

予約方法は電話・WEB・メールの3種類で、WEBからは24時間予約と空席確認をしていただけます。

日中忙しく電話をする時間がない方は、ぜひWEB予約をご活用ください。

デンタルローンが利用できる

デンタルローンによる分割払いが利用できる点も、赤坂さくら歯科クリニックの特徴です。

アプラス・ジャックス・アイフルのデンタルローンに対応しており、3万円から申請を行えます。デンタルローンの分割回数は最大120回、実質年率は2.9%〜です。

審査結果は即日で出るため、極力早く治療を開始したい方でも気軽に申請していただけます。

他院での審査結果に関しても相談可能なため、料金がネックで歯を残す治療を断念していた方も、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

歯を残すための治療は、虫歯治療(MI治療)・歯周組織再生治療・根管治療・歯髄再生治療の4種類です。

重症化した虫歯を治療するには一般的に根管治療で歯髄を抜きます。

しかし、歯髄を抜くと歯の機能面・審美面に悪影響を及ぼすため、歯髄は極力抜かないべきです。

自身の歯を元気で美しい状態で保ちたい方は、歯髄再生治療を検討してみましょう。

東京で歯を残す治療を検討している方には、歯髄再生・根管治療のプロフェッショナルが在籍する赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

他院では「歯を抜くしかない」と言われた方に対しても、丁寧なカウンセリングと的確な診査・診断のうえで、最適な治療方法を提案させていただきます。

クリニックは東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩30秒で、通いやすさも申し分ありません。

診療時間は平日の7時半〜17時で、早朝しか時間が取れない方でも気軽に来院していただけます。

歯を抜かずに口内の問題を解決したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

より詳しくは、赤坂さくら歯科クリニックにてご相談・ご来院をお待ちしております。

監修医師:土黒 さくら
略 歴
2014年 鹿児島大学歯学部 卒業
2014年 東京医科歯科大学 臨床研修歯科医
2015年 大型医療法人グループ歯科医院 勤務
2016年 大型医療法人グループ歯科医院 分院長就任
2018年 港区赤坂の歯科医院 勤務
2020年 赤坂さくら歯科クリニック 開院
2023年 医療法人社団桜麗会設立 理事長就任
所属学会等
・日本口腔インプラント学会
・日本歯周病学会
・東京SJCD歯科スタディーグループ
・インビザライン 認定ドクター
・日本顕微鏡歯科学会

赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック
日付:
カテゴリ:医師監修コラム, 歯髄再生治療