赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック

医師監修コラム

歯の神経は抜いても大丈夫?メリット・デメリットや神経を蘇らせる治療をご紹介

歯科医に行き「歯の神経を抜く」と言われ、「歯の神経って抜いても大丈夫なの?」「神経はできるだけ抜きたくないんだけど抜くしか選択肢はないの?」と思われている方も多いのではないでしょうか?

歯の神経を抜くことにはメリットもありますが、同時にデメリットも多くあります。

こちらの記事では、そもそも歯の神経を抜くとはどういうことなのか・神経を抜くメリットとデメリット・神経を蘇らせるおすすめの治療についてご紹介します。

歯の神経を抜くとはどういうこと?

そもそも「歯の神経を抜く」とはどういうことなのでしょうか。
歯の神経の役割と、歯の神経を抜くという治療について詳しくご紹介します。

歯の神経の役割

一般的に歯の神経とは、「歯髄」のことを指します。
歯は外側から、表面のエナメル質・少し柔らかい象牙質・歯髄で構成されています。

歯髄は神経と血管で構成されていて、以下のような役割を持っています。

  • 細菌感染など、歯に加わるさまざまな刺激を感知し、痛みという形で異常を脳に知らせる
  • 神経の中の血管を通して栄養分や水分・酸素を歯に供給する

歯の神経は、歯を健康に保つために非常に重要な機能を担っているということです。

歯の神経を抜くとは「歯髄」を取り除くということ

歯の神経を抜くというのは、歯髄を取り除くことを指します。

つまり、歯の神経・血管・細胞などをすべて抜いてしまうことです。

虫歯菌が歯の神経にまで到達し激しい痛みがある場合や、歯髄炎が原因で知覚過敏が起こっている場合などは歯の神経を抜く治療が行われます

強い痛みが起こっているならば、歯の神経を抜く治療が必要になります。

歯の神経を抜くメリット

歯の神経を抜くメリットには、大きく下記の2つがあります。

  • 感染した箇所を除去して感染拡大を防ぐ
  • 痛みがなくなる

それぞれに対して詳しくご紹介します。

感染した箇所を除去して感染拡大を防ぐ

歯の神経を抜く最も大きなメリットは、細菌に感染した歯髄を除去することで感染拡大を防ぐことができるという点です。

歯髄が細菌に感染していても、歯髄が生きてれば細菌の増殖をある程度抑えることができます。しかし、歯髄が壊死してしまうと、細菌が爆発的に増殖します。

増殖した菌を放置してしまうと、歯を支えるあごの骨にまで感染が広がり、根尖性歯周炎という病気に発展してしまうこともあります。

歯髄が壊死し、あごの骨にまで感染が広がってしまう前に抜いてしてしまうことで、菌が増殖することを防ぐことができます。

痛みがなくなる

歯の神経を抜けば、歯の痛覚がなくなり痛みがなくなることもメリットの1つです。

歯の神経にまで虫歯が達すると、激痛が起こります。このような場合は麻酔も効きにくく、神経を抜かなければ痛みはなくなりません。

軽度であれば冷たい飲料を飲む際などの刺激で痛みが発生しますが、一時的ですぐに収まることも多いです。

しかし、虫歯が重度になると、温かい飲料を飲む際でも痛み出し、常に痛みが続くようになります

痛みの程度には個人差がありますが、よく「耐え難い痛み」と表現されます。

歯の神経を抜くとそのような痛みからすぐに解放されるという点が、大きなメリットです。

歯の神経を抜くデメリット

歯の神経を抜くメリットをご紹介しましたが、神経を抜くことには大きなデメリットがあります。

  • 歯が脆くなる
  • 痛みを感じなくなるため、歯のトラブルに気づくのが遅れる
  • 歯の色が変色する
  • 再び痛くなることがある

上記4つのデメリットについて、詳細をご紹介します。

歯が脆くなる

神経がなくなると歯は脆く弱くなってしまいます。

歯髄を抜くと、中の細かな血管も一緒に抜くことになるので、当然歯に栄養が行き届かなくなります

すると歯は脆くなり、固い物を噛んだ時に割れてしまう事もあります。

歯の寿命が短くなってしまうので、神経を抜いたら定期的に歯科医で状態を確認しましょう。

痛みを感じなくなるため、歯のトラブルに気づくのが遅れる

歯の神経を抜くと痛みを感じることができにくくなります。よって、虫歯などの異常に気づくのが遅くなってしまいます。

歯が痛い時や沁みる時など、神経を取ってしまえば痛みは治まります。

しかし、神経のない歯でも虫歯になることはあります。

痛みが発生しないということは、歯の内部で虫歯が進行していても気づくことができず、治療が遅れてしまうということも意味します。

歯科の治療は基本的に、治療が遅れるほど大掛かりになり、費用も時間も多く必要になります。

最小限の費用と労力で済ませるためにも、歯の神経を残しておくことは大切です。

歯の色が変色する

神経を抜いてしまうと歯の色が変わり、黒ずんでしまいます。

神経には血管が通っているため、抜くことで血液が循環しなくなり、歯のコラーゲンが変色してしまうのです。

多くの場合は白っぽい被せ物をして見た目を改善することが多いですが、不自然になってしまわないためにもできるだけ神経は残しておきたいですね。

再び痛くなることがある

神経を抜いても、再び痛みが起こるケースがあります。

神経を抜いた後の空間が感染をおこすと、時間がたってから腫れや痛みを起こす可能性があります。また、歯の根の先に膿の袋ができ、蓄膿症や口臭の原因になることがあります。

うまく治療が出来ていないと、神経の一部が歯の中に残ってしまうことがあり、触れると痛みが出ることもあります。

神経を抜けば痛みから解放されると思っても、再び痛みが起こるリスクがあるということです。

歯髄再生治療がおすすめ

ここまで歯の神経を抜くメリットとデメリットをご紹介しました。

結論として、歯の神経はできるだけ抜かないことをおすすめします。

しかし、どうしても神経を抜く必要があったり、すでに神経を抜いてしまったということもあるでしょう。

その場合は、歯髄を蘇らせる「歯髄再生治療」という治療をおすすめします。

歯髄再生治療とはどのような治療なのか、詳細をご紹介しましょう。

当院の歯髄再生治療については、こちらのページも合わせてご覧ください。

歯髄再生治療とは?

「歯髄再生治療」とは、痛みを取るために歯髄をいったん抜かなければならない歯に対して、親知らずや乳歯などから「歯髄幹細胞」を移植することで歯髄・象牙質を蘇らせる治療です。

神経や血管が入っている歯髄腔に、親知らずや乳歯などから取って培養した歯髄幹細胞を入れることで、神経や血管が再生していきます。

つまり、不要な歯にある歯髄の細胞を、神経を取った歯に移植するということです。

自身の細胞を使用するので、拒否反応が少なく定着しやすいのが特徴です。

歯髄再生治療の相場は、前歯の場合1根管60万円〜80万円程です。

少し高額に感じるかもしれませんが、下記の理由からこのような費用がかかります。

  • 歯髄幹細胞は抜いた後に専門の機関で培養・保管する必要があり、その費用が掛かる
  • クリーンベンチと呼ばれる、歯髄幹細胞にゴミやほこり・空気中の微生物が付着しないよう無菌状態を保つための装置を使用しなければならない
  • 治療の際に第二種歯科感染管理者という資格を取るのに大きな費用と時間が掛かる

奥歯は根管数が多いため、治療する根管数に応じて金額が変動します。

歯髄の再生能力は日々落ちていくため、1日でも早い段階で採取し凍結保存しておくことがおすすめです。

根の状況や細胞の状況によって治療が困難な場合もありますので、歯科医で確認してもらいましょう。

歯髄再生治療のメリット

歯髄再生治療には多くのメリットがあります。

歯髄再生治療を行うことで、歯を長持ちさせることができます。

神経が栄養を届けてくれるので、割れにくい・病気になりにくい歯を維持することができるのです。

歯の寿命が損なわれず、ご自分の歯でしっかりと噛むことができるので、全身の健康につながります。

一度変色してしまった歯に関しても、裏側からブリーチをして歯髄を入れていくことで、歯を白くしながら神経を蘇らせることが可能です。

抜いた歯の歯髄幹細胞は凍結保存しておくことで、歯髄幹細胞由来のエクソソームや化粧水など、歯の再生治療以外にも活用できます

歯髄再生治療は非常にメリットの多い治療なので、ぜひ検討してみてください。

赤坂さくら歯科クリニックなら歯髄再生のエキスパートによる治療が可能

歯髄再生治療が対応できる歯科医院は、全国でも少数です。

赤坂さくら歯科クリニックなら歯髄再生のエキスパートによる治療が可能です。

歯髄再生治療を受けるために、遠方からご来院される患者さまも多くいらっしゃいます。

歯髄再生治療にご興味がございましたら、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

より詳しくは、赤坂さくら歯科クリニックにてご相談・ご来院をお待ちしております。

監修医師:土黒 さくら
略 歴
2014年 鹿児島大学歯学部 卒業
2014年 東京医科歯科大学 臨床研修歯科医
2015年 大型医療法人グループ歯科医院 勤務
2016年 大型医療法人グループ歯科医院 分院長就任
2018年 港区赤坂の歯科医院 勤務
2020年 赤坂さくら歯科クリニック 開院
2023年 医療法人社団桜麗会設立 理事長就任
所属学会等
・日本口腔インプラント学会
・日本歯周病学会
・東京SJCD歯科スタディーグループ
・インビザライン 認定ドクター
・日本顕微鏡歯科学会

赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック
日付:
カテゴリ:医師監修コラム, 歯髄再生治療